亀頭ブツブツ除去後の突っ張り感のある痛みを緩和するには

亀頭ブツブツ除去の術後の痛みの特徴

日本では年間、20万人もの男性が亀頭ブツブツ除去を受けています。
このブツブツの正体はヘルペスであり、非常に見栄えが悪いので多くの方が取り除いているというわけです。
1980年代後半に確立された治療法で、以前はメスを使用して外科的な処置で切除をしていました。
しかし昨今では、レーザーとピーリング薬品を駆使した皮を取り除く手技となっており、比較的安価で簡単に処理を受けられます。
この治療を受けたあとは必ずと言っていいほど、ペニス全体が突っ張る感覚になるでしょう。
突っ張りの正体は皮膚全体が委縮をしているからです。
約100度のレーザーを全体に照射し、さらにピーリング薬品でヘルペスを取っていきます。
この時は麻酔を実施してるので痛みはありませんが、術後2時間が経過すると麻酔は切れて突っ張りを体感するというわけです。
痛みに対応するためメンスクリニックでは必ず、鎮静剤を処方されているほどです。

突っ張りが起きにくくする方法

亀頭ブツブツ除去の現在主流の治療では、必ずといっていいほど突っ張りと痛みを感じるものです。
これはレーザー照射器とピーリングという方法ではあらわれる症状なので、現段階で取り除くことは不可能です。
少しでも痛みを緩和するには、術後のアフターケアがカギを握っています。
一般的には亀頭ブツブツ除去は短時間で終わって、ケアも不要といわれています。
これが今男性の間で人気となった理由ですが、少しケアを丁寧にすれば突っ張りも痛みも最小限に抑えられるでしょう。
そのケアとは、ワセリンをペニス全体に塗布する方法です。
ワセリンとは手荒れなどを緩和するクリームで、硬くなった皮膚に潤いを与えることができるものです。
亀頭ブツブツ除去のあとは皮膚が委縮して伸びなくなったことで、突っ張りを感じているわけです。
その緩和をするのにクリームを一日二回程度塗れば、自然と痛みもなくなります。
メンズクリニックでは処方もしています。

まとめ

亀頭ブツブツ除去の術後は、突っ張るような痛みを感じるものです。
これは現在主流の施術であるレーザーとピーリングが影響しているからであり、避けられない問題といえます。
しかし患者自身の努力で緩和をすることができ、その時はワセリンを使用します。
ワセリンは硬くなった皮膚を柔らかくする働きがあるので、術後の約一か月間は毎日ケアをしましょう。
メンズクリニックでは処方もなされるので、しっかりとケアをすれば痛みはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です